診察受付時間

平日 再 来 8:00~16:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~10:30
(午後)13:30~16:00
土曜 再 来 8:00~11:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~11:00
(午後)休診
日・祝 休 診

大田記念病院へのお問い合せ

  • 084-931-8650

周辺案内・交通

大田記念病院 診察受付時間
click
大田記念病院 診察受付時間

院長あいさつ DIRECTOR MESSAGE

大田記念病院・院長あいさつ

医療の

QUALITY
トップページ > 医療の質 > 各種統計資料

各種統計資料

手術統計

この統計は、 2017年1月~12月に施行された、手術実績をまとめたものです。
脳神経外科で特筆すべきことは、TIAを含む脳梗塞治療において、脳血管内治療の割合が過去最大の8.7%となったことです。この急性期脳動脈再開通療法のうち、80.8%はステントリトリーバーによる血栓回収術でした。
脊椎脊髄外科は、例年とほぼ同等の手術実績でした。
循環器内科では、PCI施行数が目標の100例を超え、CAG施行数も過去最多となりました。

統計 脳疾患の手術統計
脳血管内治療・手術統計 OPEN CLOSE
脳血管内治療 症例数
破裂脳動脈瘤塞栓術 22
未破裂脳動脈瘤塞栓術 72
脳動静脈奇形塞栓術 2
硬膜動静脈瘻塞栓術 17
頭蓋内腫瘍塞栓術 17
頚動脈ステント留置術 7
頭蓋外血管形成術/ステント留置術 15
頭蓋内血管形成術/ステント留置術 1
動脈再開通療法 69
合計 222
表示を閉じる
脳血管内治療以外・手術統計 OPEN CLOSE
脳血管内治療以外 症例数
脳腫瘍:摘出術 50
脳腫瘍:生検術 (定位手術) 2
脳腫瘍:経蝶形骨洞手術 5
脳腫瘍:広範囲頭蓋底腫瘍切除 1
脳腫瘍:その他 1
脳血管障害:破裂動脈瘤 26
脳血管障害:未破裂動脈瘤 45
脳血管障害:脳動静脈奇形 2
脳血管障害:頸動脈内膜剥離術 115
脳血管障害:バイパス手術 16
脳血管障害:高血圧性脳内出血 31
脳血管障害:その他 6
外傷:急性硬膜外血腫 2
外傷:急性硬膜下血腫 18
外傷:慢性硬膜下血腫 170
外傷:その他 2
水頭症:脳室シャント術 42
水頭症:内視鏡手術 7
水頭症:その他 14
機能的手術:脳神経減圧術 13
その他 7
合計 575
表示を閉じる
ガンマナイフ治療・手術統計 OPEN CLOSE
ガンマナイフ治療 症例数
定位的放射線治療:腫瘍 192
脳定位的放射線治療:脳動静脈奇形 7
合計 199
表示を閉じる
統計 脊椎脊髄外科の手術統計
脊椎脊髄外科・手術統計 OPEN CLOSE
脊椎脊髄外科 症例数
脊椎・脊髄:腫瘍 8
脊椎・脊髄:動静脈奇形 1
脊椎・脊髄:変形性脊椎症 74
脊椎・脊髄:椎間板ヘルニア 52
脊椎・脊髄:後縦靭帯骨化症 4
脊椎・脊髄:脊髄空洞症 1
脊椎・脊髄:その他 30
合計 170
表示を閉じる
統計 循環器内科の手術統計
循環器内科の手術統計 OPEN CLOSE
循環器内科 症例数
経皮的冠動脈インターベンション(PCI) 125
ペースメーカー植込み術 11
経皮的末梢血管インターベンション(PPI) 8
治療合計 144
下肢動脈撮影(FAG) 18
心臓カテーテル検査(PCI含む) 371
植込み型心電計 7
検査合計 396
合計 540
表示を閉じる
統計 外科、ならびに整形外科・形成外科の手術統計
外科、ならびに整形外科・形成外科の手術統計 OPEN CLOSE
外科 49
整形外科・形成外科 104
表示を閉じる

脳卒中治療成績[脳卒中入院患者報告]

2002年6月から急性期脳卒中入院患者のデータベース運用を開始し、登録された患者データについて集計・分析を行っています。
年末毎に更新し脳卒中治療成績を公開しています。2017年末までに、約18,300例の登録を行いました。

脳卒中入院患者数 OPEN CLOSE
症例 症例数
脳梗塞 843例(内tPA 49例)
脳出血 249例
くも膜下出血 71例
合計 1,163例

期間:2017年1月~12月

表示を閉じる

未破裂脳動脈瘤の治療成績

脳神経センター大田記念病院で、2003年1月から2017年12月の間に実施された「未破裂脳動脈瘤」に対する血管内治療、および開頭手術の施行例の合計は、1,190例でした。
そのうち、血管内治療は726例、開頭手術は464例でした。
●添付の資料には、過去14年間の周術期合併症の発生数、発生事例を列挙しております。

頚動脈内膜剥離術(CEA)成績

脳神経センター大田記念病院で、2002年1月から2017年12月の間に実施された「頚動脈内膜剥離術」の施行例の合計は、756例でした。
●添付の資料には、過去15年間の周術期合併症の発生数、発生事例を列挙しております。

頚部内頚動脈狭窄に対するステント治療(CAS)

脳神経センター大田記念病院で、1997年1月から2017年12月の間に実施された「頚動脈ステント留置術」(CAS)の施行例の合計は、368例でした。
●添付の資料には、過去20年間の周術期合併症の発生数、発生事例を列挙しております。