診察受付時間

平日 再 来 8:00~16:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~10:30
(午後)13:30~16:00
土曜 再 来 8:00~11:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~11:00
(午後)休診
日・祝 休 診

大田記念病院へのお問い合せ

周辺案内・交通

大田記念病院 診察受付時間
click
大田記念病院 診察受付時間

院長あいさつ DIRECTOR MESSAGE

大田記念病院・院長あいさつ

[2021年2月5日] 2020年の『救急統計』を公開しました。

[2021年2月5日] 2020年の『手術統計』『脳卒中治療成績』を公開しました。

[2021年1月16日] 新型コロナウイルス感染症の陽性者発生について(第3報)

[2021年1月14日] 新型コロナウイルス感染症の陽性者発生について(第2報)

[2020年11月1日] 日本脳卒中学会の「一次脳卒中センターコア施設」(PSCコア施設)に認定されました。

[2020年9月16日現在] 入館にあたってのご協力のお願いと、病院建物の入口制限について

[2020年7月16日現在] 【大田記念病院】入院患者さんへの面会禁止について

[2020年6月19日改訂] 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当法人への営業訪問の自粛をお願いしております。

[2020年3月27日現在] 外来・救急外来で「新型コロナウイルス感染症疑い」の方の診察はできません。

大田の医療

Medical Care
トップページ > 大田の医療 > 真の脳神経センターを目指して > 脊椎・脊髄・末梢神経の病気
脊椎・脊髄・末梢神経の病気

脊椎・脊髄・末梢神経の病気

当院では、「脊椎脊髄外科」を専門とする医師が診療を行っています。以下のような症状が気になる方は、当院の外来を受診ください。

腰の痛み

厚生労働省が行った「国民の自覚症状の調査」(平成 28年)では、腰痛が、男性では1位、女性では2位となっており、合計では1位となっています。
 腰痛になる要因はさまざまです。最も多いのは、腰椎(腰骨)の一部である椎間板や椎間関節と呼ばれる部位の退行性変化(老化)によって起こるものです。これに、悪い姿勢が重なると、腰痛がさらに起こりやすくなります。
 その他にも、腰痛の原因となる比較的良く知られている病気として、「腰椎椎間板ヘルニア」「脊椎分離症・すべり症」「腰部脊柱管狭窄症」などがあげられます。
 通常、急性腰痛の経過は一般的に良好で、1・2週間で痛みは和らぎます。しかし、起き上がれないほど激しい痛みがある場合、痛みが長引き快方に向かわない場合、腰痛以外に下肢症状(足の痛み・しびれ感)が出る場合などには、前述のような病気の可能性があるので注意が必要です。
 腰痛の治療に際しては、原因を的確に診断することが大切です

手術せずに椎間板ヘルニアを治せる画期的な「経皮的椎間板内酵素注入療法」

腰や首の痛み手足

手足のしびれ

手足のしびれ感は、脊髄・脊髄神経の病気や坐骨神経痛で発生します。脊髄や末梢神経が傷ついて起きる現象です。
糖尿病などの代謝性疾患や、閉塞性動脈硬化症(歩行すると足がしびれる)などの血流不全によるしびれ感には、また別の治療が必要となりますが、「頚椎症」「後縦靱帯骨化症」「脊髄腫瘍」「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などでは、脊髄や坐骨神経が圧迫されてしびれ感や感覚障害が発生するため、脊椎脊髄病専門の医師による診断と治療が必要です。
肘や手関節部で神経が痛み、しびれ感が起きる場合(紋扼性神経症)もあります。しびれの程度や範囲が拡がるような場合には、われわれ脊椎脊髄疾患を専門とする医師に、ぜひご相談ください。

最新の「頸椎人工椎間板置換術」

手足のしびれ

脊椎脊髄外科診療案内

当院の脊椎脊髄外科では、脊椎ならびに脊髄・脊髄神経の病気や外傷で、痛みやしびれ、筋力低下、歩行困難などの症状がある方々の治療を行っています。
脊椎・脊髄の幅広い疾患について、各種の診断機器を使用し、専門的知識を有する医師が的確な診断を行います。
治療の主体は手術などの外科的治療ですが、痛みや痺れに対する内服治療、診断を兼ねた神経ブロック、慢性腰痛に対する内服治療から日常生活に関係するアドバイスなどにも、積極的に取り組んでいます。

診察をご希望される場合、当院の外来受付に直接ご連絡いただくか、かかりつけの先生に、当院に紹介くださるようご相談ください。

脊椎脊髄外科 外来診療日火曜日(午前午後)・水曜日(午後)・木曜日(午前 午後)