診察受付時間

平日 再 来 8:00~16:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~10:30
(午後)13:30~16:00
土曜 再 来 8:00~11:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~11:00
(午後)休診
日・祝 休 診

大田記念病院へのお問い合せ

  • 084-931-8650

周辺案内・交通

大田記念病院 診察受付時間
click
大田記念病院 診察受付時間

院長あいさつ DIRECTOR MESSAGE

大田記念病院・院長あいさつ

院長あいさつ

DIRECTOR MESSAGE
トップページ > 院長あいさつ

就任にあたって

2018年4月、縁あって脳神経センター大田記念病院の第5代院長に就任いたしました。開院以来42年に渡り、脳血管疾患の急性期医療を中心とした血管病、脳神経疾患、脊椎脊髄疾患、神経難病にも取り組み、発展を重ねてきた当院の院長に就任するにあたり、その重責を全うすべく、決意を新たにしているところであります。

当院の地域における役割をしっかりと認識し、患者さんとご家族はもとより、近隣の医療機関の先生方と緊密な連携をとり、かつ、行政、消防や地元企業、町内会をはじめとする自治組織など、病院とご縁のある皆さまとコミュニケーションをとりながら、より良い病院運営を目指してまいります。福山の皆さま、備後の皆さま、何卒よろしくお願い申し上げます。

当院が目指す病院像

いま、祥和会グループは、国が推進する地域包括ケアシステムの構築に積極的に参画し、福山市南部におけるコア・ホスピタルになれるよう努めております。

2015年3月には、当院に「地域包括ケア病棟」を開設。2017年には、グループ法人である社会福祉法人祥和会が「地域密着型特別養護老人ホーム 五本松の家」をオープンさせ、更に2018年4月には当院に新・リハビリ棟をオープン。189坪のリハビリテーションセンター、雨に濡れることなく来館できる通所リハビリテーション、50床の回復期リハビリテーション病棟を設置しました。

一方で、2017年6月には、虹の会訪問看護ステーションの新たな拠点として、病院から約8km離れた住宅団地に幕山台出張所を開設し、訪問看護・訪問リハビリの一層の充実の端緒となるよう取り組んでおります。

また、2018年3月、病院と同じ町内にあった医療法人梶尾会と合併し、旧・福山泌尿器病院の建物を活かし、地域の皆さんの日常の健康管理をサポートする「沖野上クリニック」を開設。小児科、内科、泌尿器科をスタートさせました。

つまり、近隣にお住まいの皆さんの急性期から回復期、生活期の医療・介護サービスを途切れることなくお届けできる体制「ケア・サイクル」づくりを急いでおります。

上記の体制を作る上で、やはり中核となるのが「脳神経センター大田記念病院」であります。引き続き脳血管疾患の専門医療、そして、そこに付随する全身血管疾患の医療に取り組みます。そして、地域包括ケアにおける「時々入院、ほぼ在宅」の体制を支えるには、「ときどき入院」が必要になった場合に、在宅や施設での急変に適切に対応するために、救急医療に積極的に取り組むことが大切であると共に、「ほぼ在宅」を維持し、継続するために外来・通所リハビリテーションや訪問看護・訪問リハビリテーションといった在宅医療や地域リハビリテーションが重要であると考えております。

あわせて高齢化社会では、脳疾患の患者さんは多くの場合、他の基礎疾患を持つことが多いため、外科、整形外科など、幅広い領域をカバーする診療体制を築きます。

2018年度の重点領域

2018年度の重点領域は、リハビリテーションであります。

当院ではこれまで、急性期の患者さんを対象とした「365日リハビリテーション」に取り組んできました。そして去る4月、私の就任と時を同じくして、当院は回復期リハビリテーション病棟を設置しました。本年度は、新たに回復期リハを確立することと、急性期と回復期のリハビリが歩調を合わせ、院内連携ができるようになることが一番の課題です。

このたび開設した回復期リハビリテーション病棟は50床であり、当院に脳卒中で入院された方で回復期リハを必要とされる方全員にお入りいただくことはできない規模であります。引き続き、近隣の回復期リハ病棟を持つ病院と連携しながら、患者さんの回復を図っていくこととなりますが、新たに開設した当院の病棟が地域のリハビリの水準を高められるような存在に早くなれるよう、職員一同、努めてまいります。

経歴・プロフィール

1978年
鹿児島大医学部卒、同部第三内科入局
1984年
東京都立神経病院神経内科
1985年
米国イェール大学医学部神経内科
1987年
広島大学医学部内科学第三助手
1995年
同部附属病院第三内科講師
2005年
同大大学院医歯薬学総合研究科・脳神経内科学助教授
2007年
同准教授(役職名変更)
2009年
広島市立広島市民病院神経内科主任部長
2012年
同病院副院長、広島市立看護専門学校長併任
2013年
広島市総合リハビリテーションセンター リハビリテーション病院病院長
2014年
地方独立行政法人 広島市立病院機構
広島市立リハビリテーション病院病院長(病院名変更)
2018年
脳神経センター大田記念病院院長就任

主な診療分野

■ 免疫性神経疾患

■ 脳血管疾患

■ 神経難病

■ 神経内科全般

専門医・資格

■ 医学博士

■ 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医

■ 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

■ 日本内科学会認定内科医

■ 日本医師会認定産業医

■ 身体障害者福祉法指定医