診察受付時間

平日 再 来 8:00~16:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~10:30
(午後)13:30~16:00
土曜 再 来 8:00~11:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~11:00
(午後)休診
日・祝 休 診

大田記念病院へのお問い合せ

  • 084-931-8650

周辺案内・交通

大田記念病院 診察受付時間
click
大田記念病院 診察受付時間

院長あいさつ DIRECTOR MESSAGE

大田記念病院・院長あいさつ

大田の医療

Medical Care

ものわすれ・認知症

「さっき言ったことをすぐ忘れる」 「ここはどこかわからなくなる」 「同じことを何度も繰り返す」 「寒くても薄着のまま外に出る」など、認知症を疑われる症状が出た場合、当院では鑑別診断を行っています。

認知症は早期鑑別が大切

認知症は早期の鑑別診断が大切です。次のような疾患の場合、認知障害が出現します。

症状突然発症した場合
脳梗塞・脳出血・慢性硬膜下血腫などが原因になっていることが多く迅速な診断・治療が必要です。
症状やや急速に発症・進行した場合
腫瘍や感染症が原因の場合もあり、早期の診断・治療が必要です。
症状穏やかに発症
最も多くみられるのが「アルツハイマー病」です。また、「レビー小体型認知症」「前頭側頭葉変性症」「特発性正常圧水頭症」「血管性認知症」の場合もあります。

検査(VSRADなど)と、臨床経験豊富な各専門医による早期鑑別

脳神経センター大田記念病院では、MRI検査(VSRAD等)を含む各種検査をもとに、
 ① 神経放射線領域の専門医の読影
 ② 多くの早期認知症診断実績のある専門医の評価
で認知症の検査と評価を行います。
その結果は、ご紹介いただいた「かかりつけ医」の先生へ返信させていただきます。
原則、脳神経センター大田記念病院での治療・服薬は行いません。

  • VSRADとは
  • 認知症は早期鑑別が大切
  • 当院のシステム

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム「VSRAD」

MRI画像をコンピューターで自動解析します。
検査を受けられた患者さんの脳と正常脳とを比較し、海馬傍回の萎縮の程度についての統計値(Z-score)を算出します。
(Z-score:2以上で5%の危険率での統計学的有意差となります)
視覚的評価に比べて、客観性・再現性・定量性に優れています。

経過観察に有用性が高い
Z-scoreは症状(MMSE)とある程度相関し、進行度の指標となります。また再現性が良好であり、特定の患者さんの経過観察に有用性が高いと言えます。
対象外
脳疾患既往がある場合などは、正しく解析が行えない場合があります。

脳神経疾患専門病院ならではの、高度で迅速な急性期医療

認知症では早期の鑑別診断が大切です。
次のような疾患の場合、認知障害が出現します。

突然発症の認知症
脳出血・脳梗塞・慢性硬膜下血腫などが原因になっていることが多く迅速な診断・治療が必要です。
やや急速に発症・進行
腫瘍:悪性リンパ腫・膠芽腫・転移性腫瘍・ 感染症:プリオン病(Creutzfeldt-Jakob病)・神経梅毒
やや急速に発症・進行
変性疾患:アルツハイマー病・レビー小体型認知症・前頭側頭葉変性症・特発性正常圧水頭症・血管性認知症

脳血管障害による認知症(脳梗塞・脳出血など)など迅速な治療が必要な場合、また手術での改善が期待できる特発性正常圧水頭症(iNPH)などの場合は、今後の治療について紹介元の先生にご連絡し、ご相談させていただきます。

脳神経センター大田記念病院のシステム

FAXにてお申込みください
「診療予約票」をご記入の上、地域医療連携室直通FAX(084-928-2769)へFAXください。
脳神経内科医の外来予約と、MRI等の検査予約の調整を行います
お待ちいただく時間の短縮になります。
診察予約票をFAXで返信いたします
お手数ですが、完成後、診療情報提供書(紹介状:貴院書式のもの)をFAXください。
当院ご受診後、結果を返信でご報告いたします
引き続き、貴院でのご加療をお願いいたします。

診療のながれ

1かかりつけ医のある方
2ものわすれの専門外来は、「かかりつけ医」の先生からのご紹介を基本としています。
診察を希望される方は、かかりつけ医の先生へご相談ください。かかりつけ医の先生が、当院の地域医療連携室まで連絡を入れ、予約をとってくださいます。
1かかりつけ医のいらっしゃらない方
2かかりつけ医がいらっしゃらない方は、当院新患外来(受付:平日(月~金)8時30分~10時30分、13時30分~16時00分)を受診してください。