診察受付時間

平日 再 来 8:00~16:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~10:30
(午後)13:30~16:00
土曜 再 来 8:00~11:00(予約制)
新患・予約のない方 (午前)8:30~11:00
(午後)休診
日・祝 休 診

大田記念病院へのお問い合せ

  • 084-931-8650

周辺案内・交通

大田記念病院 診察受付時間
click
大田記念病院 診察受付時間

院長あいさつ DIRECTOR MESSAGE

大田記念病院・院長あいさつ

大田の医療

Medical Care

てんかん

てんかんは、さまざまな原因によってもたらされる慢性の脳疾患であり、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)が特徴です。赤ちゃんから、高齢者まで、幅広い年代に起こる病気です。
てんかんの症状としては、突然の失神や発作前後での記憶障害が主なものですが、てんかんには様々な種類があり、この他の症状がみられることもあります。
てんかんの原因としては、脳に何らかの障害があって起こる「症候性てんかん」と、検査をしても原因がわからない「特発性てんかん」に分けられます。また、発作は脳全体が一気に興奮状態となる「全般発作」と、興奮が脳の一部で起こる「部分発作」に分けられます。

てんかんの検査と治療

てんかんの最も重要な検査は、脳波検査で、てんかんによる特徴的な電気信号をとらえます。また、脳に何らかの問題がないかを確認するためにMRI検査やCT検査をしたり、原因を探索するために血液や尿検査をする場合もあります。
てんかんの主な治療は、薬物治療です。適切な服薬を行うことで、7~8割の患者さんは症状をコントロールできます。一方で、約2割の患者さんでは、薬物治療がききにくい「難治性てんかん」といわれています。
当院では、脳神経内科のほか、小児神経科医師(非常勤)による診察も行っています。