OTA MEMORIAL HOSPITAL RECRUIT

社会医療法人 脳神経センター大田記念病院

VOICES 先輩に聞く

VOICES01

脳神経疾患の専門、圧倒的な症例数から福山市で就職するならこの病院だと決めていました。

5階病棟 平松 裕未 広島国際大学 2015年卒
  • 大田記念病院を選んだ理由は?

    学生の頃、実習で重症度が高く麻痺が強い脳卒中患者さんを担当しました。
    移乗するのも大変でしたし、麻痺がどちら側でどう体を支えるか、車椅子の位置や寝ている時の体位などもどう工夫するかなど、看護師として患者さんの為にどのように役立てるかをとても考えさせられました。それが深く興味を持つ部分にもなり、看護師としてのやりがいだと感じることができました。
    大田記念病院は脳神経疾患の専門で、圧倒的な症例数であるため、福山市で就職するならこの病院だと決めていました。過去に祖母が入院していた事もあり、雰囲気を知っていたことも理由の一つです。
  • 大田記念病院に就職してよかったこと

    私が配属になった5階病棟はとても人間関係がよく、プリセプター・他の先輩・師長など誰にでも質問しやすい雰囲気ですので、1年目の頃からとても働きやすい環境だと感じました。
    脳卒中の患者さんは、入院中に機能回復していく姿が目に見てわかります。それが看護師として喜ばしく、モチベーションアップにも繋がります。
    患者さんが退院する頃、入院時よりとても良い表情になって、患者さんやご家族と喜びを共有できる時が本当に嬉しいです。
  • どんな看護を目指したい?

    在宅復帰を見据えた、”患者さんとそのご家族に寄り添った看護”です。
    限られた入院期間の中で、患者さん自身で出来る所を見つける事や、自宅生活の上で家族のフォローが必要な部分をしっかり考え、患者さんの気持ちとご家族の気持ちにも寄り添える看護師になりたいです。退院支援についても、積極的に様々な職種の方々と連携をとれるようにしたいと思います。
    あと、褥瘡委員会にも参加しています。院内発生ゼロを目指して、委員会で話された事をしっかり病棟メンバーに周知し、声掛けをして実践していきます。

VOICES02

不安や悩みに対してしっかり耳を傾けれらるような看護師でありたい。

5階病棟 濱野 千里 広島文化学園大学
  • 大田記念病院を選んだ理由は?

    小学生のころ親族がくも膜下出血になり、病院でとてもお世話になった経験から看護師を目指すようになりました。
    大学では、脳卒中に関連する分野を研究している先生のゼミに入り、講演会にもよく付き添いました。そこでは脳卒中になった際の早期対応方法などを寸劇で説明したり、様々なお手伝いをさせて頂いたのが思い出深い経験です。
    就活時には、やはり脳神経分野に強い病院に行きたいと考え、大田記念病院を選びました。症例数・治療実績の豊富さ、地域への予防に取り組む姿勢など、私にとってとても魅力的な病院ですので迷わず決める事ができました。
  • 大田記念病院に入職して良かったこと

    アットホームな雰囲気で、医師の方々ともよくお話ができますし、他職種との関わりも深く様々な視点から会話ができます。明るく優しい人が多いので、遠慮せずに質問がしやすい雰囲気なんだと思います。 今は難病の患者さんもいる病棟で、長期の入院患者さんやご家族と関わるケースもあります。より深く患者さんやご家族の事を理解した看護をすることで、大変ながらも共感できた喜びがありますし、転院する際に感謝の言葉を頂いた際には、看護師としてのやりがいを感じます。
  • どんな看護を目指したい?

    患者さんとそのご家族にも寄り添える看護をしたい、とずっと学生の頃から想っている事です。
    不安や悩みに対してしっかり耳を傾けれらるような看護師でありたいです。
    あと、私はNST委員会に入っています。勉強してNST専門療法士の資格取得も目指しています。嚥下機能の低下等、食事がとりにくい患者さんへも、様々な症状を考えながらカロリー摂取を向上できるよう栄養面のサポートができるようになりたいです。

VOICES03

看護師や臨床工学技士がとても活躍の場が多く、自分が学びたい事・やりたい事が豊富にある職場。

手術室 竹本 奈未 福山平成大学 2012年卒
  • 大田記念病院を選んだ理由は?

    元々、大学卒業後は公的な総合病院へ就職し、当時は脳神経外科もある混合病棟を経験後、手術室への異動になりました。
    規模の大きい公的な総合病院では、科が多岐にわたり、手術では助手の医師も豊富にいる事が良い特徴でありますが、手術室のでの業務を覚えていくうちに、病棟経験で興味を持った脳神経疾患の手術にもっと関わりたいと思い始め、もっと看護師業務の幅が広い所でスキルアップしたいと考えるようになったのが転職のきっかけです。
    大田記念病院は全国有数の脳神経外科症例があります。院内見学をさせて頂いた際、手術室は看護師や臨床工学技士がとても活躍の場が多く、自分が学びたい事・やりたい事が豊富にある職場だと感じました。
  • 大田記念病院に入職して良かったこと

    科が絞られたコンパクトな病院ですので、脳神経外科を集中的に学べる所と、各医師との距離感が近く信頼関係がとてもあるが良いところです。使用する手術器械について、より最適なものがあれば看護師が医師に提案し、その提案が採用される事もあります。手術について不明な点は医師から直接とても丁寧に教えて頂けます。どのような進行や方法で、と細かく聞く事ができますので、とても心強さがありますし、理解度も深まります。学ぶ事の楽しさが増し、よく勉強するようになり、自信が持てるようになりました。
  • 今後の目標は?

    周術期管理チームの認定を取得しようと思っています。今後は手術室のスペシャリストを目指し、手術室メンバーから頼りにされる存在に成長したいです。そして、より安全で質の高い手術が行えるよう患者さんへ貢献したいと思います。

VOICES04

患者さん、ご家族、全ての意味で寄り添った看護を目指したい

地域包括ケア病棟 望月 成美 広島県厚生連尾道看護専門学校
  • 大田記念病院を選んだ理由は?

    看護学生の頃、身近な人が脳卒中を発症した経験がありました。その時、目の前で脳卒中の恐さを知り、いかに早く対応できるかが生死に関わり、その後の生活にも大きく影響すると実感したのです。その頃から、人の人生に関わる部分で看護を学び実践したいと思っていました。
    実習ではほとんど脳神経外科に携わる機会はありませんでしたが、やはり脳卒中の看護をしたいという想があり、SCUがあり症例数が豊富な大田記念病院を選びました。
  • 大田記念病院に入職して良かった点は?

    先輩の方々がとても優しく、親身になって教育してくれています。一方的ではなく、自分の考えをしっかり聞いてくれたうえでアドバイスを頂けるので、修正する部分がよく理解できると思いますし、私の成長を考えて関わってくれていると感じます。業務中も明るく振舞って楽しい雰囲気です。あと、入寮していますので、寮仲間がとても良い相談相手になってくれていますし、同期以外も職種関係なく仲良くなれました。
  • 今後の目標は?

    私はローテーション研修後、脳卒中の治療をする病棟ではなく、自宅に帰る為の支援をする病棟を選びました。患者さんのことを考え、ご家族のことを考え、全ての意味で寄り添った看護を目指したいと思っています。その為には、日々の業務に追われてそれを忘れないよう、しっかりスキルアップしていきたいです。もっと先になりますが、脳卒中リハビリテーション認定看護師も目指したいです。

WORKS 先輩の仕事

VOICES 先輩に聞く