平成29年度 脳神経センター大田記念 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 39 49 106 221 328 853 1192 899 196
この指標は、平成29年度に退院した患者さん3,889人の年齢分布を示したものです。
(※入院後24時間以内に死亡、事故、労災などによる入院患者さんを除く)
当院で入院・治療をされる患者さんのうち、50%以上が脳卒中などの「神経系疾患」です。
その中でも、脳の血管が詰まって起こる「脳梗塞」で入院する患者さんは、全体の27%以上を占めています。
退院患者さんの年齢区分は「70歳代」が最も多く、次いで「80歳代」「60歳代」となっています。
60歳以上の患者さんは全体の80%以上を占めており、高齢化社会が反映された結果となっています。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-4あり 定義副傷病名1あり 発症前RankinScale0、1又は2 194 16.42 16.38 31.44 72.88
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 97 14.55 19.10 61.86 70.70
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし 発症前RankinScale0、1又は2 78 13.83 16.51 34.62 75.77
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし 発症前RankinScale0、1又は2 55 12.31 16.33 12.73 74.80
010030xx9910xx 未破裂動脈瘤 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 54 2.09 3.14 0.00 61.31
この指標は、「医療資源を最も多く投入した傷病名」と手術や処置の有無によって分類される「DPCコード」別の患者数、平均在院日数、転院率、平均年齢を示したものです。
神経内科では、脳の血管が詰まって起こる「脳梗塞」が最も多い症例となっており、診療科の68%以上を占めています。
脳出血の中では「非外傷性頭蓋内血腫」の内科治療が最も多い症例です。その中でも60%以上の患者さんが、急性期治療後に、できるだけ早期に回復期リハビリテーション病棟へ転院されており、平均在院日数が全国値と比べて4.5日程度短くなっています。
当院では、脳卒中の患者さんだけでなく、パーキンソン病や重症筋無力症などの「神経難病」、ギラン・バレー症候群などの「急性末梢神経疾患」など、多岐にわたる患者さんの診断・治療を行っております。
そのため、神経や筋肉に生じる電気的活動を記録する「筋電図検査」や、脳から生じるわずかな電流を記録した「脳波検査」だけでなく、磁石と電波を利用して撮影する「MRI検査」、X線を利用して撮影する「CT検査」、ごく微量の放射線を出す薬を投与し診断をする「核医学検査」など、患者さんの症状に合わせた検査ができるよう様々な機器を導入しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋、頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 128 5.29 9.68 13.28 78.20
010070xx01x00x 脳血管障害 脳血管内手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 117 7.89 13.93 0.85 70.91
010030xx9910xx 未破裂動脈瘤 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 83 2.01 3.14 0.00 63.93
010030xx03x00x 未破裂動脈瘤 脳血管内手術 手術処置2なし 定義副傷病名なし 82 5.39 9.95 0.00 65.99
010030xx01x00x 未破裂動脈瘤 脳動脈瘤頚部クリッピング等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 48 10.31 15.61 6.25 64.58
脳神経外科では、転倒などにより頭を強く打つことで起こる「慢性硬膜下血腫」や「急性硬膜下血腫」に対する手術が最も多い症例です。次いで、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」に対する手術症例、くも膜下出血の原因になる「未破裂動脈瘤」に対する手術症例の順となっています。平均在院日数は、全国平均値と比較して4~6日程度短い疾病が多く見られます。
当院の脳神経外科では、脳の血管が詰まって起こる「脳梗塞」、脳内の血管が破れて脳の中に出血する「脳出血」、脳の血管の中にコブができる「脳動脈瘤」、脳の中に腫瘍ができる「脳腫瘍」、脳の中に髄液(脳の周りなどに循環している透明の水)が貯まり脳を圧迫している状態の「水頭症」、頭に外力が加わることで頭の外側や内側が損傷した「頭部外傷」など、様々な症例に対応しております。
患者さんの症状に合わせ複数の治療方針や手術方法を提示し、患者さんに寄り添った治療を選択します。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 177 2.56 3.03 1.13 71.23
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1-1なし、1,2あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 80 5.61 4.62 2.50 71.63
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1-2あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 71 2.25 3.19 0.00 70.83
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術処置1-なし、1あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし 19 12.84 12.72 15.79 72.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 10 11.20 20.83 20.00 79.60
循環器内科では、冠動脈という血管が狭くなり心臓の筋肉へ届けられる酸素が不足することで一時的な胸の痛みや圧迫感がおこる「狭心症」が最も多い症例です。
患者さんの平均年齢は上位5症例とも70歳を超えています。誤嚥性肺炎に関しては、嚥下機能(飲み込む力)が低下した高齢者に多く見られるため、平均年齢が約80歳と他の症例に比べて高くなっています。
循環器内科では、「高血圧症」や「狭心症」「心筋梗塞」「心不全」「不整脈」「末梢血管疾患」などの治療を中心に行っており、食事内容や運動など医師や看護師・管理栄養士・リハビリ療法士などがチームとなり、患者さんへの「生活指導」にも取り組んでいます。
また、脳血管疾患と循環器疾患は密接な関係にあると言われており、当院に入院した脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」の患者さんに対し、循環器疾患の発症リスクの評価を行い、疾病予防に努めています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 48 11.79 16.53 2.08 50.08
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術処置2なし 26 14.62 17.28 0.00 73.15
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)前方椎体固定等 手術処置2なし 23 15.70 21.70 0.00 67.48
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定術等 手術処置1なし 19 15.95 22.08 10.53 65.21
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 13 28.38 27.09 53.85 78.62
脊椎脊髄外科・整形外科では、「椎間板ヘルニア」が最も多く、活動性の高い世代に多く見られる疾患のため平均年齢は他の診断群分類に比べて若くなっています。
次いで腰椎や頚部の「脊柱管狭窄症」が多く見られ、平均在院日数は全国値と比較すると2~6日程度短く推移しています。
脊椎脊髄外科では、脊椎や脊髄の病気や外傷により痛みやしびれ、筋力低下、歩行困難などの症状がある方々の治療・手術だけでなく、手術などの外科的治療以外にも診断を兼ねた神経ブロックなども行っております。
整形外科では、四肢や関節などの運動器の外傷や、加齢に伴う変性疾患、リウマチなどの炎症に対しての診断・治療を行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - 1 7
大腸癌 - - - - 2
乳癌 1
肺癌 1
肝癌 1
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
この指標は、初発の5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の初発の病期分類による延患者数・再発の延患者数を示したものです。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 23 12.52 77.7
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
この指標は、成人市中肺炎の重症度別患者数と、その平均在院日数・平均年齢を示したものです。
市中肺炎とは、細菌やウイルスによって引き起こされた肺炎(肺炎球菌肺炎、インフルエンザ菌肺炎、その他菌性肺炎など)のことを言います。
当院では市中肺炎の中の重症度が「中等度」の患者さんの受け入れを行っていますが、肺炎では、この指標の集計から除外されている「誤嚥性肺炎」(水や食べ物などが気管に入り、肺に炎症がおきることが原因)が最も多い症例となっています。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 732 16.87 75.87 37.83
その他 127 14.09 74.54 3.96
この指標は、脳梗塞の患者数と平均在院日数・平均年齢などを示したものです。
当院では入院患者さんのうち「脳梗塞」が最も多い症例となっており、全体の27%以上を占めています。
「脳梗塞」は脳の血管が詰まって起こる病気で、発症から治療開始までの時間が短いと、実施できる治療法の幅が広がります。
当院では、脳梗塞の患者さんに対して「t-PA療法」「血管内治療」「保存的治療(点滴・投薬)」の3つの中から患者さんの状態に合わせた治療法を選択しています。
「t-PA療法(血栓溶解療法)」とは、発症から4.5時間以内の急性期脳梗塞に対する治療です。t-PAという薬剤を急速に点滴し脳の血栓を溶すことで、再度血液が流れるようになり、後遺症のリスクが低減されます。しかし、合併症として「脳出血」などのリスクもあるため、様々な条件をクリアした場合に適用されます。
「血管内治療(血栓回収療法)」とは、t-PAによる症状の改善が認められない場合や、t-PA治療適応外の症例に対して、おおむね8時間以内に治療を開始します。この治療は、ステントという網のような機器を頭の血管の中で広げて、詰まった血栓を「地引き網」のように絡めとる方法です。
当院では上記のような脳血管障害に対する緊急手術に備えて、24時間対応できる診療体制を整えています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 42 0.10 16.10 66.67 76.71
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 17 7.71 11.06 41.18 75.71
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 0.93 16.33 20.00 63.73
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) - - - - -
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
この指標は、当院での診療科別の主要手術の患者数、平均術前術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
神経内科は、内科的治療が中心ですが、患者さんの症状により脳神経外科と連携して手術(脳血管内治療)を行うことがあります。
その中でも、脳梗塞の患者さんに対する「経皮的脳血栓回収術」が一番多い手術症例です。
「動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)」については、脳神経外科ではこの手術目的での入院症例が多いです。神経内科では、脳梗塞の治療過程で必要となり様々な手術を実施することが多く見られます。そのため同じ「動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)」の手術であっても、術前・術後日数などに違いが見られます。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 152 0.38 4.76 14.47 78.47
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 105 1.55 7.06 6.67 74.48
K1781 脳血管内手術(1箇所) 85 0.99 5.07 1.18 65.82
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 64 1.13 14.56 20.31 65.95
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 41 1.46 13.49 14.63 55.10
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する「慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」が最も多い手術症例です。
当院では、入院症例として最も多い「脳梗塞」や「脳出血」などの脳血管障害に対し、緊急手術にも対応できるよう24時間の診療体制を整えております。
また、患者さんの状態にあわせて適切な治療法を提示しています。例えば、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」に対して、「開頭手術」か「脳血管内手術」を選択できたり、「脳動脈瘤」に対して「開頭クリッピング術」か「血管塞栓術」を選択できるなど、複数の手術法を提示し、患者さんと主治医が相談して決定します。その他、「脳腫瘍」や「脳動脈奇形」に対し、脳に特化した定位放射線治療装置「ガンマナイフ」治療を選択することもできます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 80 0.88 4.91 5.00 71.74
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 22 0.00 15.36 31.82 72.32
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
循環器内科では、「経皮的冠動脈ステント留置術」が最も多い手術症例です。
この手術は、心臓に酸素を送る冠動脈が狭くなった状態の「狭心症」や、冠動脈が詰まって心筋が壊死した状態の「急性心筋梗塞」に対して行います。バルーンカテーテル(先端に風船のようなものがついた管)を挿入し、冠動脈を広げ、ステント(金属製で網目状の筒)を狭くなった部分に留置し血管の中が広がった状態を保持するための手術です。
他にも「四肢の血管拡張術・血栓除去術」や「ペースメーカー移植術」なども行っております。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 37 1.35 9.65 0.00 53.14
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 30 1.73 13.37 10.00 70.00
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 20 2.50 18.50 10.00 71.15
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 17 1.71 10.53 0.00 65.94
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 15 1.60 12.20 0.00 60.67
脊椎脊髄外科・整形外科では、椎間板ヘルニアに対して行う「椎間板摘出術」が最も多い手術症例です。
椎間板ヘルニアは活動性の高い世代に多いと言われており、平均年齢も53歳と若いです。若年層が多いことから、術前術後の入院日数も比較的短い傾向にあります。
「脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術」は、頚椎症性脊髄症や脊柱管狭窄症などに対して行う手術です。当科の患者さんは他の診療科に比べて転院率も低く、手術から2週間以内に自宅へ退院する患者さんがほとんどです。
整形外科では、四肢・関節などの運動器の外傷や加齢に伴う変性疾患に対する外科的手術を行っており、できるだけ患者さんがQOL(生活の質)の高い生活に戻れるよう、手術治療後のリハビリテーションを十分に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる - -
180010 敗血症 同一
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.26
異なる - -
この指標は、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術処置等の合併症の症例数と、全退院患者数における発生率を示したものです。
手術・処置等の合併症としては、術後の出血や感染などがあげられます。

※集計結果が10件未満の場合は「-」で表示
更新履歴